Asteriskのインストール(Zaptelドライバ)

Asteriskのインストール(Zaptelドライバ)

CentOS5.5上でAsteriskのインストール手順を記載しています。


必要パッケージのインストール

まず、Asteriskをコンパイルするために必要な開発環境パッケージ(gcc-c++、kernel-devel、openssl-devel、ncurses-devl)をインストールします。
# yum -y install gcc-c++ kernel-devel zlib-devel openssl-devel ncurses-devel

続いて、OSを最新の状態にします。
# yum -y update


Zaptelドライバのインストール

Asteriskを動作させるためには、Zaptelドライバをインストールしておく必要があります。
(Zaptelドライバを使用しない構成でAsteriskを動作させる場合はインストールする必要はありません。)

Zaptelドライバのソースコードは下記のURLから取得できます。
http://downloads.asterisk.org/……/releases/
(2011年6月現在)

基本的に、最新のZaptelドライバをインストールするのが良いです。
# cd /usr/local/src
# wget http://downloads.asterisk.org/pub/telephony/zaptel/releases/zaptel-1.4.12.tar.gz

wgetコマンドで取得したtarボールを任意のディレクトリに展開します。
# tar zxvf zaptel-1.4.12.tar.gz

configureスクリプトを実行し、ビルド用設定ファイルmakeoptsを生成します。
# cd ./zaptel-1.4.12
# ./configure

make menuselectを実行し、インストールモジュールの選択を行います。

# make menuselect
    *******************************
        Zaptel Module Selection
    *******************************

          Press 'h' for help.

    ---> 1.  Kernel Modules
         2.  Utilities
         3.  Binary Firmware Packages

make menuselectを実行すると上記のように、CUIプログラムが起動します。
このプログラムでインストールモジュールを選択することになります。

操作方法
スペースキー or Enterキー/td>選択
↑↓カーソル移動
前のメニューに戻る
x設定を保存して終了
q設定を保存せず終了
hヘルプ表示

「1. Kernel Modules」を選択した状態でスペースキーを押下し、モジュール選択画面に移ります。
    *******************************
        Zaptel Module Selection
    *******************************

          Press 'h' for help.

         [ ] 8.  wctdm
         [ ] 9.  wctdm24xxp
         [ ] 10. wcte11xp
         [ ] 11. wcte12xp
         [ ] 12. wcusb
         [ ] 13. xpp
         < > 14. ztd-eth
         < > 15. ztd-loc
         [*] 16. ztdummy
         [ ] 17. ztdynamic
         [ ] 18. zttranscode

AsteriskをインストールしたマシンにFXOポート、FXSポートを備えたアナログインターフェイスカードなどを装着している場合は、それに合わせたドライバモジュールを選択します。
そのようなカードを装着していない場合は、「ztdummy」のみを選択します。(通常、「ztdummy」のみを選択すれば良いです。)

続いて、ユーティリティツールを選択します。
「←」キーを押下し、トップ画面に戻り、「2. Utilities」を選択します。
スペースキー押下で、ユーティリティ選択画面に移ります。

    *******************************
        Zaptel Module Selection
    *******************************

          Press 'h' for help.

         [ ] 1.  fxotune
         [ ] 2.  fxstest
         [ ] 3.  sethdlc-new
         [ ] 4.  ztcfg
         [ ] 5.  ztdiag
         [ ] 6.  ztmonitor
         [ ] 7.  ztscan
         [ ] 8.  ztspeed
         [ ] 9.  zttest
         XXX 10. zttool

ユーティリティツールは特に必要ありませんので、全て選択を解除すれば良いでしょう。
ここまでの設定が完了したらxキーを押下し、設定を保存して終了します。

これでビルドの準備が整いました。
makeを実行し、先ほど指定したモジュールをビルドします。
# make

ビルドが成功したら、make installを実行します。
# make install


上記までで、Zaptelドライバのインストールは完了です。

あとは、make configで起動環境を整えます。
# make config

make configを実行することにより、chkconfigも実行され、OS再起動後、自動的に起動されるように設定されます。
ただし、この段階ではまだZaptelドライバ(モジュール)は起動していないので手動で起動させます。
# /etc/rc.d/init.d/zaptel start

停止は、以下のコマンドで行えます。
# /etc/rc.d/init.d/zaptel stop


トラブルシューティング

make実行により下記のようなエラーが発生した場合
You do not appear to have the sources for the 2.6.18-194.el5 kernel installed.

kernel-PAE-develをインストールします。
# yum install kernel-PAE-devel
# yum update
# reboot

OS再起動後、もう一度、makeを実行してください。



make install実行により下記のようなエラーが発生した場合
    make -C firmware hotplug-install DESTDIR= HOTPLUG_FIRMWARE=yes
    make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/zaptel-1.4.12/firmware' に入ります
    mkdir -p /usr/lib/hotplug/firmware
    Installing zaptel-fw-oct6114-064.bin to hotplug firmware directories
    /usr/bin/install: cannot stat `zaptel-fw-oct6114-064.bin':
      そのようなファイルやディレクトリはありません
    make[1]: *** [hotplug-install] エラー 1
    make[1]: ディレクトリ `/usr/local/src/zaptel-1.4.12/firmware' から出ます
    make: *** [install-firmware] エラー 2

make menuselectを実行し、CUIプログラムを起動します。
# make menuselect
    *******************************
        Zaptel Module Selection
    *******************************

          Press 'h' for help.

         1.  Kernel Modules
         2.  Utilities
    ---> 3.  Binary Firmware Packages

「3. Binary Firmware Packages」を選択し、ファームウェア選択画面を表示させます。
    *******************************
        Zaptel Module Selection
    *******************************

          Press 'h' for help.

         [*] 1.  FIRMWARE-OCT6114-064
         [ ] 2.  FIRMWARE-OCT6114-128
         < > 3.  FIRMWARE-TC400M
         < > 4.  FIRMWARE-VPMADT032

「1. FIRMWARE-OCT6114-064」を選択し、xキーを押下して、設定を保存し終了します。
その後、もう一度、make実行からやり直してください。


次の記事でAsterisk本体をインストールする手順を紹介します。

タグ